What’s New

もしあなたが土地活用を考えているとしたら、総務省公表の人口推計にはきっと興味を持ってもらえるでしょう。

「少子高齢化・人口減少」は、とても大きな問題です。日本経済が縮小するのです。

しかし、期間限定ではあるが、成長する分野がある事をあなたは知っていますか?

 

 

2016y04m16d_083219669         2016y04m16d_081216748

「少子高齢化・人口減少」の中で、期間限定だが成長する分野がある。人口ピラミッドに大きな山、その山があなたがターゲットとする「団塊世代」と「団塊ジュニア世代」だ。

ダウンロード

土地活用は必ずリスクがあります。その最大のリスクは金融機関からの借入です。そう借金です。そのリスクを回避するために、メーカーの家賃保証や一括借り上げで対応していますが、そもそも借主が居なくなってしまったらメーカーはどこまで耐えられるのでしょうか?その答えが人口ピラミッドに出ていますよね。

 

なぜ今高齢者住宅・介護施設の土地活用がリスクが少ないのか?

 

2016y04m16d_143924497

 

 

多くの地主様は、どの様に税金対策をするか?空室が無く安定した収入を得るにはどうすればいいか?といった悩みをお持ちです。しかし一方では、空室のリスクが少なく将来的に安定した収入を生み出す成長する分野があります。入居者は新しい物件を好み築年数が経てば、必然と入居が減り空室が目立ってくるそうなると税金や返済の心配をしなければならなくなります。そんな土地活用はなにか?

 

 

きっとあなたならお気付きの通り団塊世代と団塊ジュニア世代をターゲットにした、高齢者住宅・介護施設です。多くの人は、「人口減少=空室」と考えてしまいますが、 もちろんその通りで間違いではありません。

 

しかし、この2つの世代をターゲットすれば土地活用の様々なリスクが少なくなります。また、団塊世代と団塊ジュニア世代両方を取込む事ができ、長期にわたり入居が見込める土地活用は数少ないでしょう。

 

しかし、高齢者住宅・介護施設の土地活用はいつまでも続きません。もし、あなたがこの成長分野の根拠を知りたいと思うなら、